ルテイン一日の必要摂取量

ルテインは体内では合成できない成分のため、ルテインを豊富に含む食品やサプリメントで補う必要があります。

ルテインはもともと食品の中に含まれている成分なので、摂らない方がいい場合や、これ以上とってはいけない量は特にありません。

なお、摂取上限値は定められていないものの、日本の厚生労働省基礎研究班による平成18年度の 「日本人の食事摂取基準(栄養所要量)の策定に関する基礎研究」では、1日35mgを1週間摂取して問題が生じなかったことが確認されており、さらに、国 連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の下部組織であるJECFA(Joint Expert Committee on Food Additives)では、1日2mg/kg(体重50kgの場合、1日100mg)までの摂取量であれば問題ないとしています。

このように、大量摂取実験でもその安全性が確認されていることから、一般常識的な摂取量であれば多く摂っても安全であると言えます。

現在のところ、1日の推奨摂取量は特に定められてはいませんが、これまでに発表されている学術論文によると、ルテイン(Lutein)の眼疾患に対する予防的効果は一般的に*フリーフォーム換算で1日あたり6mgから12mgの摂取が提唱されています。また、眼の疾患に対する治療効果については、1日あたり20mgから40mgの用量が望ましいと報告されています。

フリーフォーム

ルテインのサプリメントには、フリーフォーム(遊離体)のルテインと、エステル体のルテイン(脂肪酸エステルとの化合物)を原料に使用したものがあります。

マリーゴールドから抽出されただけのルテインは脂肪酸が結合したエステル体で存在しますが、それを精製するとフリーフォーム(遊離体)となります。

このページの先頭へ