靴社会のアメリカ。2つのブランドが一騎打ち

アメリカでは日本より数年早くブティナフィンとテルビナフィンが市販薬として許可されました。

おそらく家の中でも靴を履いているアメリカ人には水虫で悩んでる人口が多く深刻な問題なのでしょう。いち早く処方箋薬が市販薬として許可されたという裏にはこの様な靴社会と水虫の相関関係が有ったと言われています。

ビューティ&ヘルス リサーチ社の調査によると、現在アメリカではブティナフィン系のロテュリミンという商品とテルビナフィン系のラミシールという商品が市場のシェアーを2分しているとの事です。

このページの先頭へ