ルテインの効果

~天然栄養素、ルテイン摂取で眼病回復の事例もあり~

  • 強力な抗酸化成分で、紫外線や青色光によって目の中に発生する活性酸素を撃退するバリアー効果があります。
  • 紫外線によるダメージは、白内障・加齢性黄斑変性の一因、青色光によるダメージは加齢性黄斑変性の一因となり得ます。
  • 健康な黄斑と網膜のための大切な要因である「黄斑色素濃度」を高めます。(この「黄斑色素濃度」は、眼球水晶体の透明度に関係しています。黄斑色素が網膜を守ると考えられ、眼の健康状態は黄斑色素濃度によって測られてきました。喫煙と飲酒は黄斑色素濃度を低下させます。)

これらの理由により、ルテインが含まれる果物や野菜を多く食べると白内障・加齢性黄斑変性の発病率が非常に低くなることがわかっています。

このように、ルテインは、目にとって重要な役割を果たすことから、その他ドライアイ、疲れ目、仮性近視、老眼、緑内障、飛蚊症、網膜剥離などの目の病気の予防に良いと言われています。

ここ10年の間にアメリカの大学や研究機関では、広範な調査が行われ、天然栄養素であるルテインを摂取することで、眼病回復の効果も認められています。

アメリカでは眼科医の80%以上が、眼病患者に対しルテインの摂取を推奨しています。

ルテインゼアキサンチンは網膜に存在する主な抗酸化物質であるとの研究結果が出ています。

このページの先頭へ