ゼアキサンチン

~ゼアキサンチンはルテインから作られる~

ゼアキサンチンは、ルテインと同じ働きをする成分です。

ゼアキサンチンは体内でルテインから作られるため、両者を特別に区別せずにルテインと呼ぶ場合があります。人間の目にはルテインとゼアキサ ンチン以外のカロテノイドは存在しません。ルテインは特に黄斑部に蓄積されている成分で、光を遮るためや抗酸化作用など目が正常に機能するために重要な働 きをします。

存在部位から見ると、ゼアキサンチンの方がより黄斑変性症の予防により効果がある位置にあるといえます。また脂質の酸化防止力においてもゼ アキサンチンが他のカロテノイドより優れていると報告されています。2003年の英国の報告では、黄斑変性症を低下させる因子として、ゼアキサンチンの方 がルテインより高いとの報告があります。これらのことから、ゼアキサンチンが黄斑部に多く存在し、かつ優れた抗酸化力で黄斑部を守っているカロテノイドと いえます。

白内障や緑内障、黄班変性症に対しての効果を求めるなら、ブルーベリーではなく、ルテインとゼアキサンチンの両方を摂取するのがベストです。

 

このページの先頭へ